Press "Enter" to skip to content

様々な職場での薬剤師の詳しい役割を知ろう!

総合病院の薬剤師は様々な事を考えていますよ!

薬剤師には様々な職場がありますが、一番薬剤師が活躍するのが総合病院の薬剤師です。総合病院の薬剤師の仕事ですが、医師が発行した処方箋を使用して薬剤を調剤します。調剤する際に薬の飲み合わせをチェックするのはもちろんですが、それ以外でも薬剤を製薬会社に注文したり注射の薬剤を製薬会社に注文することもあります。その際には診療報酬などをよく考えて病院の利益になるような薬剤を注文します。中にはジェネリック医薬品を使う場合もありますよ。

調剤薬局の薬剤師も処方箋を取り扱います

厚生労働省では医薬分業を推進しており、基本的には調剤薬局で薬剤を処方してもらうのが基本となっています。調剤薬局の薬剤師は医師が発行した処方箋をチェックするのは総合病院と同じです。調剤薬局の場合には薬剤を詳しく説明するように指定されています。そのため詳しく説明します。万が一医師が処方を間違えている場合に訂正を依頼するのはもちろんですが、患者からジェネリック医薬品への変更を依頼があれば医師に連絡を取ります。

ドラックストアでも活躍しています

総合病院などの病院や調剤薬局だけが薬剤師の職場ではありません。ドラックストアでも薬剤師が働いています。ドラックストアでは大衆薬の販売をするのはもちろんですが、それ以外にも薬剤に関する相談に乗る事ができます。その他にも赤ちゃんがいる場合にはミルクの相談や授乳に関する相談もしています。初めての育児の場合には精神的に不安定な場合があり、そのような時には落ち着くように話すスキルがドラックストアの薬剤師には求められます。

薬剤師の派遣の仕事は、専門性が要求されることがあるため、短期間のうちに必要なスキルを習得することが大事です。