Press "Enter" to skip to content

こんなにたくさんあるの?保育士の様々なお仕事

安全な環境のもとで社会性を身に付けていく。

保育園で働く保育士の仕事内容ですが、一番大切な事は子供達に対して安全な遊ぶ環境を提供して、その上で社会性を教えていく事があります。保育室には子供達が触ると危ないものは一切置かれていません。万が一危ないものが置かれていた場合には保育士が責任を持って安全を確保しなければいけません。そのような安全な環境のもとで体を使って遊ぶ事で心身の成長を促し、社会性を身につけた子供となるように保育士は支援していきますよ。

身体的な観察も行います。

子供の身体を良く観察することも大切な保育士の役割となります。保育園では1日1回お着替えがある場合が殆どですが、その時に園児の体をよく観察する事で身体的な不調を見つける事も保育士の仕事となります。その結果を保護者に伝えます。万が一命の危険がある場合には、保護者に連絡して保育士が救急搬送する時もあります。ごく稀ですが虐待の疑いが見つかった場合には、行政の虐待担当と一緒に保護者に対して家族支援を行いますよ。

家族支援も保育園によっては行っていますよ!

保護者にもよりますが、子育てに対して不安を抱いている場合もあり、特にひとり親や初めての育児の場合にはその傾向が顕著になります。そのような保護者に対してどのような心がけで育児をしていくのかアドバイスをしていきます。保育園にもよりますが、必要に応じて夜遅くまで保育士園児を見たり、育児ヘルパーという形で保育士が家庭を訪問して具体的に子供達を預かるサービスを提供している場合があります。市役所の子育て関係の課に行けば申請可能ですよ。

保育士の求人を大阪で申し込みたい場合には、複数の事業所の職場見学会の機会を利用しながら、快適な職場環境を見極めることが大事です。