Press "Enter" to skip to content

就職の求人を見るときに知っておいてほしいこと3選

出身大学名は何の参考にもならない

就職の求人によく出身大学の名前が書かれていることが多いと思いますが、これはほとんど関係ないと思います。というのも、いろいろな大学から採用されているケースでも、そこに書かれているのは全部ではないからです。基本的には有名大学を上から書いていっているに過ぎないので、そこに書かれている大学出身だから有利とか、書かれていない大学出身だから不利とかはないはずです。そこに書ききれない大学からも採用実績があるということも珍しくないので、記載されている出身大学の名前はあくまでも一部の有名なところだけを持ってきたに過ぎないと思いますね。

求める人物像は参考程度に

求める人物像という欄が就職の求人には書いてあることが多いと思います。しかし、こういったものは参考程度に考えた方が良いです。あまりそれを信じて、そういう人間にならないといけないとは思わない方が良いと思います。それはどうしてか?というと、この項目は真剣に書いていない企業も多いとされているからです。求人を作るときに企業側にいろいろな項目の入力を求められるわけですが、その際に求める人物像の欄がたいていあるので、仕方なく記入している企業も少なくないと言われています。つまり、求める人物像という項目は企業にとっては重要ではないということもありうるのです。

選考フローは必ず見ておこう

選考フローの確認は重要だと思います。なぜか?というと、選考フローを見ることで自分が採用されやすい企業が分かるからです。就職における求人では選考フローについて記載がある場合も少なくないと思いますが、自分が苦手な選考方法があればそこは採用確率が低くなるので、避けるなどの作戦にも出やすくなります。面接はさすがに避けるのは厳しいですけど、筆記試験とかはない企業も少なくないので、例えば筆記試験が苦手ならばそれを課している企業は避けるとか、そういった作戦もとれるのです。

ネットワークエンジニアの仕事の魅力として、働きながら専門性を高めることができ、将来的に役職者を目指すうえでも多くの利点があります。