Press "Enter" to skip to content

バイト医師のメリットやデメリットについて知ろう!

バイト医師は高単価で自由

医師の中には特定の病院で働く勤務医とアルバイトの医師があります。勤務医だと年俸が保証されています。アルバイトの医師だと年俸は保証されてはいませんが、日当にして2万円から3万円と勤務医に負けない程度のアルバイト料金が支給されます。そのためかなり割が良いです。アルバイトの医師だと時間も自由に決めることができるので、自由な時間を楽しむことが可能です。勤務医だとアルバイトのように自由に勤務時間を決める事は出来ないですよ。

縦社会に入らなくて済むので楽!

病院に勤務している医師の世界は院長をトップとする縦社会です。勤務医として働く場合には否応なしに院長や副院長の指示には従わないといけません。しかしアルバイト医師の場合だと常に勤務しているわけではないので、院長や副院長の意見を気にする必要はありません。自分が勤務している時に何かあった場合のみ指示に従っていれば良いです。それでも院長や副院長が必要以上に指示してくる時には退職すればいいよいので、勤務医よりはかなり気が楽ですよ。

税務関係は全て自分でしなければいけません。

しかしアルバイト医師は良いことばかりではありません。通常病院の事務所が行う年末調整などの税務関係は全て自分で行う必要があります。病院によっては国民健康保険の支払いや国民年金の支払いも自分で行う必要があります。そのため休みの日でも市役所や社会保険事務所に自分で行き手続きを行う必要があります。これらの手続きはかなり煩雑で素人では難しいため、税理士や社会保険労務士に手続きを依頼しなければならない場合もありますよ。

医師の不足により、バイトを募っている医療機関は多数あります。医師の免許を持っているにも関わらず、長時間勤務が難しく、短時間働きたいといった方などに医師のバイトは高い需要があります。